就活の教科書

就活、転職のすゝめ

就活、転職から始まり日本の教育、ビジネスマンとしてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

就活序盤に中小企業に目を向けておく3つのメリット

こんにちは!Kすけ(@keeesuke8)です!

 

就活をスタートするにあたりみなさんはどんな受け方をするでしょうか?

 

一般的な就活生はどの人を見ても

マイナビ、リクナビから大手の企業ばかりをエントリーしますが

果たして本当にそのやり方が戦略的にあっているのでしょうか。 

 

ぼくはそう言ったみんなと同じやり方をあまりオススメはしません。

ぼく自身みんなと同じような就活を送ったことでピンチになったこともあったのでその経験も踏まえてお話しします!

https://3.bp.blogspot.com/-L88Luyb7Xhg/WRaTXwLTGVI/AAAAAAABEQY/Et4wj1p5RekU82jX4cYZgEzIud6N5wplgCLcB/s400/life_wakaremichi_businessman.png

オススメの就職活動の受け方

就活生の多くは大手企業ばかり中心に受けます。

大手企業を受けているのが悪だとは決しても僕も思いませんし

むしろ無名の大学であっても超がつくほどの大手企業にアプローチできるなんてチャンスは就職活動以外にないのです。

 

例えば大学受験を思い出して見てください。

自分の学力で受かりそうな大学を狙いますよね?

偏差値が全然足りていないのに記念受験みたいに東大を受験しよう!なんてしませんよね?

それが就活であればチャレンジできる環境にあるのです。

 

ただ現状として理解しておいて欲しいのは大手企業の倍率は、バカみたいに高いということです。

激戦の大手企業で無残にも全部落ちてしまいエントリーしている企業数が0・・・

そんな状態になるのが1番危ないと思いませんか?

そのため、候補が0になる前、いやもっと前から中小企業に目を向けておくのです。

オススメの流れは

中小企業→大企業→中小企業

と言った流れです。 

メリット1 場数が踏める

あなたが受験する際、本命の企業が大手企業だったとします。

その時にぶっつけ本番、体当たりで受けて合格する確率と

面接の場数を踏んで受験して合格する確率はどちらが高いと思いますか?

 

考えたらわかると思いますがもちろん後者です。

言い方が悪いですが、中小企業を利用して

面接練習や社会人としての基礎、マナーを身に付けておくことができます。

 

さらに大手企業は受験する人数が多いのである程度選考が進まないと

面接時間も1人10分程度で練習と言える練習ができないのが現実です。

そのため、中小企業を見ると同時に経験値を踏むためにもまずは中小企業にも目を向けましょう。

メリット2 大手企業が全滅してもまともな企業選択ができる

考えたくはないですが大手企業が仮に全部落ちたとしましょう。

そうなった時1から企業を選択することになります。

その時に正常な判断が下せると思いますか?

 

見たこともない市場を見て見てここがいい。ここが悪い。

なんて判断は到底できません。

しかしエントリーの締め切りも迫っているので、

勢いでエントリーしてしまう学生が非常に多いのです。

 

そのためミスマッチが生まれ、こんなはずじゃなかった、、、なんて嘆いたりします。

そのため先に中小企業を見ておくことで仮に大手企業が落ちた時でも

先に目星をつけているので他の人よりも優位な状態で次に進むことができます。

 メリット3 精神的に楽

就活すると100%で受かるなんて人はそうそう現れません。

そのため万が一全滅した時にセイフティネットとして

中小企業を見ておけば志望企業に落ちたとしても

精神的に安定した状態で望めます。

 

しかも地方には優良企業が眠っています。

先にそこを見つけておくと実は大手企業のように

30歳近くまでは若手扱いで大きな仕事を任せてもらえない

なんてことにもならずに

結果としてキャリアプランが開けたりします。

まとめ

就職活動が始まったらまずは中小企業に目を向けて見ましょう。

大手大手と血眼になって就活している間に他の就活生と比べて余裕を持った就職活動が送れます。

大手企業の説明会に何度も足を運ぶくらいなら

その時間を使って優良中小企業を探してみてはいかがでしょうか?

 

失敗は間違いではなくただの軌道修正のタイミングと捉えばいい

こんにちは!Kすけ(@keeesuke8)です!

 

「失敗」と聞くと嫌なものだと感じていませか?

失敗はダメなものだ、失敗することは間違いっている。

そういった価値観が学校というものの中で培われてしまうせいで

多くの人が失敗を極端に恐れてしまいます。

そのために失敗が嫌で行動することさえ

諦めている人が多いように感じます。

f:id:igossouk888:20170718114848p:plain

失敗は間違いではない

失敗してもいいんだ!と自分に言い聞かせても

失敗と聞くとやはりあまり経験したくないものですよね。

 

ただぼくの経験上、失敗を経験することは決して誤りではないと思っています。

あのエジソンでさえ「失敗は成功の母」であると言っているように

失敗は間違いではなく成功への過程であると言ってます。

 

そのためにも日本人特有の

失敗=悪いもの

ではなく

失敗=成功じゃない結果

というマインドチェンジが必要です。

失敗は成功へのチューニング

 

マインドチェンジをすればわかりますが

失敗は経験すればするほど人生に置いての厚みが増すとぼくは思っています。

ぼく自身は地方の出身で大企業で働いていく中で

1番心がけていることは失敗していもいいから

1番最初に動き出すことです。

 

ぼくのような才能のない人は、頭のいい人たちよりも

行動して勝つしかないと確信しています。

 

教えてもらう前に自分で見たことを活かして自分なりにやってみることを

意識しています。

見よう見真似でやっていることですので、数多くの失敗がありますが

そう言った失敗があるからこそ始めから根本の仕組みを教えてくれたります。

 

ただ、それが正しい方法だけ教えられてると他の場合はどうなのか?

と言ったことが分からなくなり、その場しのぎの正しさはわかりますが

1つのパターンしか教えられていない場合、最終的に後からひどいミスをして

「なんで今更こんなことになるんだ!」なんて怒られることになりかねません。

なので正攻法以外の以外のパターン、もしくは根本まで教えてもらえるなら教えてもらった方が後々役立つでしょう。

 

●正解のやり方しか教えられていない場合の思考のパターン

f:id:igossouk888:20170718112652p:plain

 

この図を見たらわかるように正解しか教わっていないと他にやり方があるのになんでそのやり方にこだわっているのか、理解できません。

 

そのため、間違えるなら最初、そして失敗を経験することで

成功までのチューニングができることになります。

 

●失敗を経験することで成功までの道が見えてくる

f:id:igossouk888:20170718112729p:plain

 

失敗こそが最短で成功に近づく方法

上の図にもありますが、失敗しても違う方法でアプローチすればいいんです。

これだけ失敗という言葉をかくと、かなり遠回りをしている印象を受けますが

成功なんて何がどうなっていつ起きるか普通の人にはわかりかねます。

 

今流行りの高速PDCAという言葉を使って何度もチャレンジする必要があるのです。

今の日本ではPDCAというと失敗要因をあれもこれも直そうとし

全部まとめて解決しようとした結果、長期間の間放置してしまう癖があります。

 

そのため1つでも失敗の要因を見つけたらすぐにでも改善策を打ち出すことが必要です。

え?!そんなこと?と思われてもいいんです。

1ヶ月で大きな1個のPDCAの効果が事業計画に対して30%持ち上げたとしたら

1ヶ月で小さなPDCAを数10個回して効果が30%以上持ち上がればいいんです。

 

改善の大きさではなく、改善の回数で結果を最大化させる。

そう言った意識を持つことで高速PDCAが可能になりますし

それこそが細かく分析する上でも必要な方法で、成功に近く最短の方法だと信じています。

 

 

「人生の勝算」を就活生以外の人も読んで人生のコンパスを作るべき

こんにちは!Kすけ(@keeesuke8)です!

 

皆さんは前田 裕二さんという方を知ってますか?

あのDeNAの南場さんが出会って5年が経って落とした人物です。

 

前田さんは現在DeNAで「SHOWROOM」というアプリの新規事業の立ち上げをしている方です。

前田さんが最近出した「人生の勝算」の中で今の人生に納得していない人、

なんとなくで人生を過ごしている人に足りないものを

お伝えできる内容が入っていましたので紹介します。

前田裕二さんの経歴

1987年生まれ、東京都出身。

幼い頃に両親を失い周りに馴染めず孤独を経験することで

誰にも頼らず生きる後天的才能で人生を勝ち取りたいという強い意志が目覚めることになる。

就職活動時、DeNAの内定を得るも、2010年に外資系証券会社へ入社。

ニューヨーク勤務を経て退職後、2013年5月にDeNAに中途入社。

(起業予定が南場さんに説得されて社内の新規事業立ち上げになることに)

現在、ライブ動画配信プラットフォーム「SHOWROOM」の総合プロデューサーをしている方です。

人生のコンパスを持っているか

「人生の勝算」という本の中で「人生のコンパス」という言葉があります。

こちらは何を指し示しているのか理解できる人はいるでしょうか。

「人生のコンパス」とは自分の中のあらゆる物事を決める指針のことを指し示しています。

つまりは自分が何を幸せと定義し、どこへ向かっているのかという価値観ということに集約されるでしょう。

 

今の日本社会は、この自分が何を1番幸せに感じているのか。

という基準がしっかりしていないために人生の満足度が低くなっている傾向が

強くなっていると思います。

本当はこんなことしたくなかったけど仕方なく働いている。

自分には能力がないからここでしか働けない。

なんてことを話して何もかも妥協して中途半端だから愚痴が出ます。

そう言った人は今一度自分の中にある人生のコンパスをしっかり定めて見ましょう。

人生の優先順位をさだめよう

会社で実績をあげて将来的にも継続できる会社を残したい、

会社の中でトップのスキルを身に付けたい、

はたまた、家族と一緒に長く幸せに過ごしたい

自由な時間、好きなことができる時間が長めに欲しい

このように自分の中の軸をしっかり考えたことがあるでしょうか。

 

家族や趣味に長い時間費やしたいにも関わらず

給料がいいからと言って長時間働いてしまって別の道を選んでいませんか?

 

僕の兄は仕事は別に生きるためにやっているだけで

家族との時間をすごく大事にしたがる人です。

それは幼い頃からの影響もあるんでしょうが、すごく軸がしっかりしています。

そのため新卒で入社した会社を、結婚を機に辞め定時で上がれる会社に転職しました。

 

こう言った風に自分の人生のコンパスさえ持っていれば

会社の仕事がどうのこうの言うことも少なくなりますし

何より人生の満足度が高くなることは間違いありません。

 

今からでも決して遅くないので自分の人生のコンパスを持って見ませんか?

おまけ

こちらの本は実にシンプルに分かりやすく書かれている書物になりますので

1〜2時間あればすぐに読むことができるでしょう。

こちらは人生の軸をしっかり持つことの重要性の他にも

SNSの次にくる時代、またコミュニティ社会での価値観なんてもの話されているので

気になる方はご購入をオススメします。