就活の教科書

就活のすゝめ

就活から始まり日本の教育、社会人、サッカー人としてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

就活 一斉にスタート

スポンサーリンク


この言葉は平成生まれの人で

日本に住んでいる限り
就活生なら必ず耳にしたことが
あるのではないでしょうか?

そこになんの疑問も持たずに
「就活始まったしとりあえずスーツ買うかー」
「就活は情報戦だ」
「就活するやつオワコン」
とか様々な形で大学生たちの間で受け入れられていきます。

 

f:id:igossouk888:20170314212352p:plain

そして自分のやりたいことを無理矢理作って

会社にあの手この手で入ろうとします。

私が知っている中では就活生の中で

地に足がしっかり着いた状態で就活を送れている人は

ほぼおらず

いつの間にか終わってしまったと感じている人が多い印象を受けます。

そして過ぎ去った後に「内定」が出たか出なかったか

であなたの人生(大げさかな?)が決まります。

そのため「内定すること」が就活生に

とってゴールに成り代わっていることを

最近特に実感します。

 

これはどう言うことかというと

就活生はどの企業に入るかは関係がないのです。

そりゃ希望したところに入れるに越した事は無いでしょうが、

最終的に自分の行きたい会社に入れなくとも

内定が出たことに満足しそこで就職活動をやめてしまうからです。

この矛盾した活動が今の就活だと僕は感じています。

そしてこうした矛盾は大学全入時代から始まっています。

(詳しくは別記事で答えます。)

 

ここまで書くと筆者が「アンチ就活」のように
聞こえるかもしれませんが別にそんなことはありません。

ただ自分自身が就活というものを真剣に考えず

就活を送ってしまったことを後悔している部分もあり

社会人になった後で僕には就活の考え方をしっかり考えないと

いけないのかなって反省していることもあり

僕なりの考え方をこの日記で伝えたいと思います。

・就活をうまく乗り越える
・就活と向き合う
・企業分析
・自己分析

・ES

・GW
など自分が考えたことをどんどん書いていきます。

それは社会人になった時に自分が感じた矛盾を一人でも多くの人が感じずに就活し

自分なりに納得して理解して行動してくれる人を生み出したいと思っているからです。

 

そしてそういう人ばかりが有意義に働き

「日本を盛り上げる、明るくしたい」

これが最終的な僕の夢です。

大それた夢を語っていますが本気です。

 

今の若い人(私もですが、、笑)は働きながら

仕事に対してはネガティブな感情を多く持っています。

ただ、生き方っていうのはかなり広い可能性がある中で

君自身が選んだ道だということを知っていただきたい。

そしてこのブログはそう言ったことも書いていきたいと思ってます。

これからどうぞよろしくお願いします。