就活の教科書

就活のすゝめ

就活から始まり日本の教育、社会人、サッカー人としてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

自己分析だけで満足してますか?

スポンサーリンク


こんにちは!Kすけです!

 Part②では自己分析をしろと書きましたが、ちゃんと自己分析は進んでいますか?

 

ただし自己分析に終わりはありません、ある程度分析したら

その後に進んでいきましょう。

 

次のステップは他己分析です。

 

「なんだ、いつもと同じか、、、、」

「自分のことは自分が一番知っている。」

 

と考えている皆さん。私もそのようなタイプでした。

ただ、あくまで自己分析をした上で他己分析を行ってください。

そうすることで「自分はこうしたい」と思って行動していても

他人からみた自分はそうではないことが多いです。

 

自分は実はインドア派で本や映画を見るのが大好きだと思っているのに

他人からはよく飲み会にくるしアクティブな人だなーと思われているかもしれません。

 

なので自己分析→他己分析をして他人からみた自分をしっかり

理解していることが面接の時にも重要になって来ますので

ここを欠かさずやりましょう。

 

他己分析は2〜5人にやってもらえば十分です。

それも大学生で就活をするのであれば大学で出会った友人だけではなく

小学校から仲の良い友人、中学校の友人など

時系列をみて見るのも一つの分析になりますので試してみてください。

 

実際環境は人を変えます。そのため大学の友人3人、大学以外の友人2人など

今の友達を中心にやった方が効果は高いと思いますので恥ずかしがらずにお互いの他己分析を相手の良いところ、悪いところ含めて話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

今の現在の学生はスマホ世代のため面と向かって聞き合うことに恥ずかしさが

あるのは十分に承知しています。

そのため、この他己分析も「ふーーん。」と思って行動しない方が

非常に多いです。

 

そのため、やらない人が多いのでやれば確実にアドバンテージになりますので

「聴くはいっときの恥、聞かぬは一生の恥」

とはよく言ったものです。

 

やれば確実に他人との差が出ますのでまずは行動してみましょう。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kyuruppa/20140126/20140126123301.png

企業の分析やマーケティングに使うSWOT分析と同じ考え方ですが

上記の分析が一般的と言われていますので

4つの四角をうまく埋めて言ってみてください!