就活の教科書

就活のすゝめ

就活から始まり日本の教育、社会人、サッカー人としてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

就活のスーツの選び方

スポンサーリンク


こんにちは!Kすけです!

 

就活の時にまずみなさんは何を気にしますか?

もちろん身だしなみが一番気になるところですよね。

 

ここではスーツについてしっかりと理解している人が少ないので

説明したいと思います。

 

そもそもリクルートスーツってなに?

リクルートスーツというのは名前の通りリクルート(=求人)の意味なんですが

日本では求人者という意味で用いることが多いです。

そこで日本ではリクルートスーツというと基本的に黒色が普通です。

黒は日本だと正式な式に用いる色だと言われており、

スーツの黒色は「職を探しています」という色だと言われています。

そのため、まずは一着は必ず黒色のスーツを持つようにしてください。

さらに黒色のメリットとしては冠婚葬祭にも使えるので

一着は持っていて損はないカラーでしょう。 

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150428%2F25%2F212445%2F4%2F300x350x7fc5c00ee701a4bea42dc86d.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

黒以外のリクルートスーツは何色がオススメ?

黒色が鉄板だと話しましたがその他に、

濃紺、ダークグレー(明るいグレーは辞めておいた方が無難です)の

いずれかを選ぶようにしましょう。

若い人はフレッシュさをアピールするために

背伸びをせずに王道の色を選んでください。

ストライプなどの柄物は個性がありますが、

就活においてはあまり相応しくありません。 

ネクタイの色は場合によって変えても良い

ネクタイは基本的にド派手なものは置いてませんが

基本的にはです。

赤いネクタイは、情熱と積極性をアピールできます。

青いネクタイは、知的で誠実な印象を相手に与える効果があります。

代表的なネクタイの柄は、レジメンタル・ストライプ・ドットです。

靴は結構気にされている人が多いので気をつけましょう

面接では足元まで見られていると意識して置いた方が良いです。

特にできるビシネスマンは身だしなみをしっかりすると言われています。

そのため一度も磨かれていない、先が剥がれている靴は

しっかりと磨いてから臨みましょう。

色はスーツに合わせるように暗めの色のブラックかダークブラウンを

選べばスーツから浮かず安心して履けます。

 

みなさまは無駄な個性などは出さず会社ウケをする衣装で望んでくださいね!