就活の教科書

就活のすゝめ

就活から始まり日本の教育、社会人、サッカー人としてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

後悔せずに生きる生き方

スポンサーリンク


こんにちは!Kすけ(@keeesuke8)です!

 

みなさんは後悔をしてませんか?

おそらくどんな人も後悔をしたことがあるんじゃないですか。

 

そんな僕も後悔をしたことはあります。

というより後悔はしてしまうものです。

ただこちらを唯一後悔しない方法があるので

今回はこちらをお伝えしたいと思います。

http://agent.jobmark.jp/articles/images/0150-thumb.jpg

なぜ人は後悔するの?

人はなぜ後悔すると思いますか?

そう考えたことがある人は

結構少ないんじゃないでしょうか。

多分こういったことを考えているのは

哲学者とか、本当に悔やんだり、

今でもずっと心に葛藤を残している人くらいじゃないでしょうか。

 

例えば

「あの時あーしとけば良かった」

「もっと自分に素直に生きれば良かった」

など人の後悔は絶えません。

でも仮にそちらの選択をしたとしても

上手くいったかどうかはわからないのに悔やむのです。

現在うまくいっていないのかは別として

もう一方の別の道があったとしたらどうなっていたのかが

気になるために人は後悔をするのです。

 

このように考えると後悔というのは

もう一つの別の自分の人生が存在しておりそちらを変えたい

ということになります。

このような考え方をパラレルワールドという人もいます。

後悔の仕組みをしろう

後悔の仕組みといったら大げさかもしれませんが

みなさんはこちらの文章を読んでわかった方もいるかもしれませんが

後悔というのは必ず「過去」にあります。

現在や未来の行動に後悔という概念は存在しないのです。

現在の行動に後悔をするんであればそれはやめれば済むことだからです。

後悔しないために

ここまで話せば分かった方もいるかもしれませんが

後悔をしないために一番重要なことは

過去を振り返らない。

ということに他なりません。

 

あの時あーしておけば、こーしていれば

受験前にもっと勉強しておけば、、、

と考えても正直どうしようもならないですよね。

タイムマシーンがあれば過去に戻ることができるかもしれませんが

今現在そういったものは発明されていないので

考えるだけ無駄な時間が流れていってしまいます。

 

 

本当に後悔をしたくない!

と思っている人は振り返らない。

そして

今いる現在を必死にやりきる。

後悔をしないためには後悔をしない選択をし続けるしかありません。

 

そうすることで自然と後悔はしなくなります。

結果終わりよければ全てよし。

あの時あーしておけばと

考えた時点で行動に移さないと一生後悔することになります。

結果がよければあの時の思い出もいい思い出に変わっているはずです。

 

ここから今を生きるようにしましょう。