就活の教科書

就活のすゝめ

就活から始まり日本の教育、社会人、サッカー人としてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

ファッションを決める時はまず靴から選びなさい

スポンサーリンク


こんにちは!Kすけ(@keeesuke8)です!

  

皆さんはいつも服を選ぶ時どこから決めてますか?

 

おそらく8割くらいの人は上の服から選ぶことが

多いのではないでしょうか?

その次にパンツ、その次に靴を選ぶ。

やっとこちらでトータルコーディネートが

完成するといった流れです。

よくあるパターン

ただこうやって選んでいると

ふとした時に

「あれなんか違う。。。」

といったことに陥ったことは皆さんありませんか?

 

僕はすごくこういった経験があります。

何着も服を持っていて、

アウターとパンツの組み合わせ、色のバランスを考えたにも

関わらず最後の靴選びでしっくりと来るものがない、、、

こういった経験はありませんか?

 

本当はモノトーンコーデ+大人な雰囲気を演出するために

上下は白黒で整えたのに最後は大人な印象を出すために

黒の革靴で決めたかった、、、、

ただ実際に、家にあるのは黒のスニーカー、、、

 

どうしてもカジュアルになってしまうけど

妥協して黒スニーカーを履くか、、、、

はたまた別のファッションを選び直すか、、、

といったことが頻繁にありました。

 

服を持ちすぎるというのは恐ろしいもので、

ありとあらゆるものを計算して着替えないといけないので

本当に大変な学生時代を僕は送っていました。

 

詳しくはこちら

www.keeesuke.com

 

そういったことに陥らないためには

まず服からではなく靴から決めましょう!!

なぜ靴の優先順位は低いのか

1番玄関に近い=外に近いところに置いてあるので

トータルコーディネートを決める際に

靴の優先順位が低くなっています。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N934_bu-tuokiba_TP_V.jpg

 

アメリカみたいに部屋の中で靴を履く人は

自ずと靴を意識しながらファッションを選びますが

日本では靴は脱いでしまうため

ファッションを決定する際に

靴の選択は思考の外に

追い出されることが多くあります。

 

そのため、靴以外のところは完璧なのに

最後の最後で選択ミスをしてしまうなんてことが起こるのです。 

なぜ靴から選択するのか?

結論から言うと、靴に合う服は決まっているからです。

どんなに大人感を出したいと思っていても

黒のスニーカーは黒のスニーカーしかなりません。

さらに足元がずれているとそれだけでファッションが

崩れて見えてしまいます。

 

そのため、靴を選択してしまえばコーディネートを

ぶらさずに服を選ぶことができます。

 

そのため

皆さんのファッションを考える時の思考を

服→靴

ではなく

ファッション意識の高い人の思考

靴→服

に変える必要があります。

 

メリット

1、コーディネートがぶれない

 →こちらのメリットはこれまで説明した通りです

2、服を選ぶ時間をカットできるので

 →朝の準備の10分、遊びに出かける前の数分をより自由な時間に使えます

3、脳が疲れない

 →こちらは意外かもしれませんが、人の脳には思考できる限界量が決まっています。

  選ぶと言う行為だけでも人間の脳は活動し、疲れてしまうので

  服を選ぶと言う負荷をなくせばより別のことに頭が使えます。

 

ぜひファッションを選ぶ時は靴から選んで見てください!