就活の教科書

就活のすゝめ

就活から始まり日本の教育、社会人、サッカー人としてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

リクナビ、マイナビの役割を理解しよう

スポンサーリンク


こんにちは!Kすけ(@keeesuke8)です!

 

僕は就活をする時にすごく疑問に思ったことがあります。

それは就職活動が始まったら
「とりあえずマイナビ、リクナビに登録すれば大丈夫」

というワードが連呼されていたからです!

http://image.event.rakuten.co.jp/com/img/event/sp_module/point_campaign/entry_btn.gif

僕からしたら右を左も分からないし

理解もしていないのに

とりあえず登録だけする、、、

果たして大丈夫か?となりましたが

私は素直にとりあえず登録してました笑

 

ただあらかじめここで知っておけば

変な不安もなくなると思いますので

使い方を説明しておきます!

マイナビとは

転職や就活などの大手リクルーティングサービズ会社です。

皆さんはバイトだとか就活、はたまた試験問題などで

目にすることが多いと思いますが

実際の業務範囲は多岐に渡っております。

 

コンセプトが「人生のサポート」と言うだけあって

賃貸、ウェディングにも幅を広げております。

リクナビ

 こちらも大手リクルーティングサービス会社の1つです。

こちらのコンセプトは「個人のキャリアを支援するサービス」となっております。

こちらは大元がリクルートとなっておりそちらの

就活情報サイトとしてリクナビは機能しております。 

主な使い方

そしてこちらが今回私が最初に引っかかったポイントになります。

皆さんもお気づきかもしれませんが

マイナビ、リクナビに登録してエントリーするけど

企業の採用リンクにもエントリーがあることに気がつきませんでしたか?

 

当時の僕は

「あれ?確かにマイナビでD社にエントリーしたけど

 D社の採用リンクにもエントリーの文字がある。。。

 そうか!あれはマイナビが出しているD社の情報しかくれないのか!!」

 

と考え、マイナビでもエントリーし、直接もエントリーしました笑

 

おそらく就活の中には僕のように引っかかっている人は

いないかもしれません当時の僕にはさっぱりだったのです笑

 

ここで僕のように引っかからないようにご説明します!

大手就活サイトでエントリー するのも

直接興味のある会社の採用サイトからエントリーするのも

同じ意味になります。

 

簡単に言うと、

就活サイト(マイナビ、リクナビ)は就活生たちが

いちいち各社の採用ページまでいってエントリーするのを

肩代わりしてくれるんです!

 

そんなことにも気づいていなかった

僕は二重で登録することになりました笑

注意事項

1、マイナビ、リクナビでエントリーすると

  直接エントリーするよりも時差がありますのでご注意ください。

2、マイナビ、リクナビでエントリーすると便利ですが

  仮のパスワードになっているのでサイド設定が必要になります。

3、マイナビ、リクナビでしかエントリーできない企業もございます。

 

以上の3つが注意点になります!

 

皆さんは僕のように変なところで

時間を潰さないように気をつけてください!