就活の教科書

就活のすゝめ

就活から始まり日本の教育、社会人、サッカー人としてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

正社員は本当に得なのか?

スポンサーリンク


こんにちは!Kすけ(@keeesuke8)です!

 

非正規雇用の問題がニュースなどでよく取り上げられていますが

就活生のみなさんはどう考えているでしょうか?

 

ぼくが就活をしていた時は

「せっかく大学も入ったんたんだし

正社員にならないと意味ないでしょ!」

とか「派遣はかっこ悪い」とか

自分の中での一定のプライドがあり

あたかも正社員が正義のように考えていました。

 

しかしこれって裏を返せば

正社員にならないと「だめ」と狭い考え方で

物事を考えてしまっていたんですね。

 

ただ今は多くの価値観に触れて

正社員だから良いと考えることはなくなりました。

 

ただ就活生は新卒として入社する方が多いと思いますので

こちらでは正社員のメリット、デメリットを述べたいと思います。

 

正社員になることのメリット

■メリット

✔︎賃金面

ワーキングプアという言葉があることはみなさんご存知でしょうか?

働いているのに、ギリギリの生計しか立てられず

将来的な希望も見えなかったり、

そうした生き方を余儀なくされている

一般的に非正規雇用で働いている人のことを指します。

 

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によりますと

50〜54歳の正社員の正職員(男)の給与は

月に44万3400円を得ています。

その一方で同年代の非正規社員は

平均23万8800円となっています。

約20万円ほどの差が出ています。

f:id:igossouk888:20170611133846p:plain

たとえ同じ企業で雇用されていたとしても

正社員であれば定期的な昇給がありますが、

非正規社員ではほとんど期待できないのが実情としてあります。

 

正社員にはボーナスがある企業もあるので

年収で見るとさらに格差が広がります。

✔︎スキル面

日本は「企業内職業訓練」の社会です。

企業内職業訓練とは就職が決まった後に会社で人材を育成するのです。

そのため、就職活動はポテンシャル採用と言われ将来への莫大な投資になります。

 正社員として採用した人材はこちらの育成枠として

丁重に扱われますが非正規雇用者は

その訓練が受けられない場合も多々あります。

 

もちろん正規社員は年齢を追うごとに

責任ある仕事を任される経験がありますが、

非正規雇用の人はそういったことはありませんので

経験の差も出てくるでしょう。

 

■デメリット

✔︎精神面

逆に考えると現代社会では、

正社員だから飲み会に付き合うのが当たり前、

仕事を無理してでもやり遂げる

非正規社員と比べられ仕事にプレッシャーを与えられる

なんてハラスメントに近い行動も増え

ストレスが大きくなっているのも現実としてあります。

✔︎副業禁止

正社員になると会社のルールがに必ず乗っ取らないといけません。

そのため副業禁止の会社ですと転職を考えているにもかかわらず

同時に進めることができません。

 

さらに会社によって有給が付与されるにもかかわらず

制度だけは整っていて、実際は使うことができないなんてことも

ありますし勤務体制を整えていない企業などで

フリーハンドの紙で残業申請をしている場合は

みなしの残業もあったりしますので注意が必要です。

社会人基礎力を培うために

社会人基礎力は記事で説明しましたが

www.keeesuke.com

 前述したように日本の企業は入社した後に

職業訓練をするという風習があります。

そのため、こちらの基礎力をつけるためには

まずは正社員での入社をオススメします。

 

中には独立志向であったり、1つの会社にとらわれずに

転々と転職をしようと考えている人がいらっしゃいますが

どちらの場合でもスキル無くして成功は

あり得ませんので新卒時の就職は

拘るにこしたことはありません。