就活の教科書

就活のすゝめ

就活から始まり日本の教育、社会人、サッカー人としてこれまで経験してきたことで情報を提供していきます!

就活生は日経新聞の読み方を知らない

スポンサーリンク


こんにちは!Kすけ(@keeesuke8)です!

 

就活生の中では新聞を読むことを必須にしている人などが多いと思いますが

果たして就活生が本当に日経新聞を読む必要があるのでしょうか?

という疑問に今回は自分なりの考えを述べていきたいと思います。

 

日経新聞とは

『日本経済新社』が発行する、日本を代表する経済紙です。

そのため日本経済新聞と呼ばれています。

https://kotobank.jp/image/dictionary/daijisen/media/111455.jpg

中でも就活、ビジネスといえば

日経新聞だと言われているくらい

経済、株式に関する記事が多いのが特徴です。

実は知らない新聞の事実

こちら前述しましたが、日経新聞は

経済面の記事を多く書くためビジネスの流れを

把握するために数多くの人に読まれています。

 

ただ、新聞には日経新聞以外にもたくさんあるのは皆さんご存知だと思います。

 

日本経済新聞もあれば朝日新聞、毎日新聞なんかもあります。

各社様々な新聞を出しているのですが一般的に同じことを

言っているように感じる新聞でも実は中身、というより新聞記事の

内容が違っていることにお気づきでしょうか?

 

それは新聞を書くためには必ず記者がいます。

記者も人間です。そのためその人の意見、考えを起こった事象に対して

事実と一緒に盛り込まれおり

事象は同じなんですが、それに対する意見が各社で

意見が分かれるといったことが起き得ます。

 

詳しくはこちらを読むとより分かりやすいです。

そのため、日経新聞1つ読んでも偏った意見をすんなり

入れてしまうことがあるので、自分なりの考え、軸(リテラシー)を持って

読むことが必要になります。

(ぼくは当時そんなこと考えもせずに読んで何も得てませんでした、、、) 

僕が陥った就活時期の新聞購読

 ちょっと頭出ししましたが、自分の軸を持たないと

正直言って新聞を読んだところで情報が

右から左に流れていき1ミリも

自分のためになっていないことが多かったと感じています。

 

ただそれでも新聞を読まないと一般的な社会人に慣れないのでは?

という恐怖心から自分はプライドで読んでいました。

 

新聞を読んでいる人が魅力的に見えたり、

読んでいない自分が遅れをとっているように感じてしまい

週に何日間か図書館に通って新聞を読んでいましたが

内容は「ふむふむ」と思って読めるのですが、

いかんせん内容が全くと言っていいほど身につかない。。。

そんな繰り返しをしておりました。

 

ぼくの考えでは、世の中の動きを知るには新聞がいいと今でも思っています。

ただ就活のためだけに新聞を購読するという行為の

生産性は正直あまり高くないかなと感じています。

 

それは就活生にとって社会人の軸、業界の軸が

はっきりしていることが少ないからです。

 

ぼくは今でさえ通信会社に勤務して取引先企業や関連会社の情報を

知りたいと思って読めばそれなりの情報が手には入りますが

ある一定の基準も軸もない就活生にとって自分の志望している企業の情報を

調べることくらいしか日経新聞の価値はないのではないでしょうか。

就活生のための日経新聞の読み方

そのため、日経新聞を仮に読むとしたら

ぼくなりに就活生だからこその日経新聞の読み方をお伝えします。

 

自分の興味ある業界の情報だけを読む!

とは言いません。

日経新聞で有益だと思う読み方は、

1、自分の受ける企業の情報を手に入れる、業界の動きを知る

ことは、もちろんですがより一層効果的なのは、

2、日本のBtoBの企業や自分の知らない企業が知れる

ことにあります。

 

特に2つ目のポイントとしては

就活生のようなまだ社会に出たことのない人にとっての

会社のイメージはどんなところが多いでしょうか?

 

例えば、

トヨタであったり

ユニクロであったり、

ソフトバンクであったり

といろんなイメージをするかと思いますが

こちらの企業の共通点が何か分かりますか?

 

こちらの企業は主にBtoCを相手にしている企業だということです。

 

あなたがよく目にするCM。

あれもcustomerいわゆる消費者に伝わるようなプロモーション活動ですので

9割以上の就活生がBtoC企業にしかエントリーしていなかったりします。

 

そのため、日経新聞を読むなら間違いなく

新聞広告欄をみてBtoBの企業を知る、

もしくは業界の記事に目を通した際に

他の会社にも目を向ける姿勢を大切にしてください。

 

そうすることで間違いなく他の就活生が

目にすることも、知ることもない企業を知ることができます。

 

その中にはもちろん、優良企業と呼ばれるところも存在していますので

もし日経新聞を読まれる方は自分の受けたい業界だけでなく

新聞広告の欄も一緒にチェックしておきましょう。

 

私個人としては就活生にとっての日経新聞はBtoBの企業を

知れればいいものと思っています。